借金返済 エリート サラリーマン

お金を貸す側からしても、もしもの事態になった時に損が出ることを考えると、無担保の融資は金利を高くしなければなりません。貸金業者が潰れたら困りますからね。高額融資を求めている時は担保が必要になりますし、無担保で融資を受ける時には、どうしても短期間での返済をしなければならなくなるといいます。融資を行う側から見れば、担保が何もない状態でお金を貸す以上、もしものことが起きると損害が拡大します。高額の融資を行っていると、それだけ損害が膨らんでしまいます。ローンを扱う会社としても、返済できない時に担保による補填のあてがない人に、まとまった金額を貸し付けていると損が大きくなりすぎます。大口の融資にならない以上、借りたお金を短期間で返済できるような融資しか、無担保融資にはないということができるのではないでしょうか。融資を無担保で利用する場合は、いくつかの注意事項がありますので、それらを理解した上で上手にお金を借りるようにしてください。
借金まみれ 脱出

続きを読む≫ 2014/08/30 15:51:30

子供を医者にするためには多額のお金がかかります、そのうえ実際はどうなのかわかりませんが、医者は高収入の仕事というイメージを持つ人が多いようで、医師のボーナスを含む推定年収は1,000万円を超え、平均月収は88万円ほどであるという、統計資料もあるそうです。高収入の仕事であることは事実のようですが、その実態は年齢や勤務状況によって大きく異なるようです。まだまだ高収入には、国家試験にパスしたばかりの研修医の場合は当てはまらないようです。月収10万円以下というケースも以前はあったのが研修医というものです。国からの勧告によると、2004年度からは月収30万円程度になるようになっています。急激に高い収入を得られるようになるのは、一人前の医者に研修医を終えてなれた場合です。医者だけでなく弁護士も月収で数百万円の人もいるけど数万円中には数千円という人もいるようです。資格をとってもその後お金をたくさん得るためには大変な努力をしないといけないみたいです。

続きを読む≫ 2014/07/20 21:38:20

破産している人が増えているようです。しかも今の破産者は中高年者に多いようです。バブルがはじけた時はクレジットカードでたくさん買物をしてしまった若い人が多かったですが、最近は長引く不況で仕事をなくした人や経済的に困難に陥った人が破産をしているようです。アベノミクス効果で経済が少しは潤っているとマスコミの報道はありますが、現実社会ではそうでもないようです。

 

クレジットカードのように自分で使える額がわからなくなってたくさん使ってしまって・・・。というより中高年の場合住宅ローンが払えなくなってということが多いようです。しかも最初に払えなくなるならまだしも、何年も払っていたのに残業代がカットに、基本給が少なくなった、リストラにあったってことで払えなくなってしまうみたいですね。だからやむを得ず借金をしてしまったら雪だるま式に増えて払えなくなってしまった。中には死んで保険金や夜逃げしよかなって思う人がいるようです。そんなことでは何も解決しないのでしかるべきところに相談にいってほしいなって思います。

 

 

続きを読む≫ 2014/07/16 21:37:16